Basicsサプリメントの基礎知識

美容や健康維持のために手軽に活用できるサプリメント。まずは、サプリメントがどんなものか、しっかり理解したうえで付き合いたいもの。銀座上符メディカルクリニック院長 上符正志先生と、帝京平成大学薬学部教授、薬学博士 井手口直子先生に、サプリメントの選び方や摂り方についてアドバイスいただきます。

サプリメントとは?

現代人がサプリメントを摂るべき理由とは?

—— 食事だけで必要な栄養素を満足に摂りにくくなっています。

健康な生活を送るために1日に摂るべき栄養素は、厚生労働省が定める「日本人の食事摂取基準」に示されていますが、忙しくて外食がちだったり、口にする食材が偏ったりすることで、その基準を満たしにくくなってきています。
たとえば、農林水産省の「食事バランスガイド」では「何を」「どれだけ」食べるべきかが具体的に示されていますが、これを常に実践することは簡単ではありません。
必要なエネルギー、栄養素を食品だけで確保しようとしたら、その分、摂取するトータルカロリーがぐんと増えてしまったり、合成添加物をたくさん摂ることになってしまいます。だから、より純粋なサプリメントで必要な栄養素を補うようになったということです。

サプリメントとは何ですか?

―― 食事の栄養を補う「健康食品」です

健康によい、健康の保持に役立つとして販売されている食品は、一般的に「健康食品」と呼ばれています。そのなかでも、特定の成分が凝縮された錠剤、カプセル状、顆粒状になっているものが「サプリメント」と呼ばれています。
サプリメントとは、「補助」「補充」という意味ですから、食事だけでは不足しがちな栄養を補うための食品、というわけです。見た目は薬と似ているものでも、薬ではないので、効果・効能を表示できません。ただし、サプリメントの商品パッケージには、原材料や含有成分が明記されています。
あくまでも食事の栄養を補う食品であり、病気の治療のためのものではないということを理解しておくことが重要です。

サプリメントに種類はありますか?

―― 健康な体の土台には「ベース」、さらに高みを目指すなら、「オプショナル」

さまざまな成分のサプリメントが出回っていますが そのうち、私たちの健康維持に必要な成分でできているものは、ベースサプリメントと呼ばれています。また、もともと体の中にない成分だったり、より健康のクオリティを高めたい場合に摂取するサプリメントは、オプショナルサプリメントと呼ばれています。
ベースサプリメントは、私たちの体の構成要素となる栄養素で、ビタミンやミネラルをはじめ、鉄、銅、亜鉛などの成分を含むサプリメントのことです。また、元気でいたい人をサポートするコエンザイムQ10や、美容が気になっている人が摂取したいビタミンCなどはオプショナルサプリメントに分類できます。
これからサプリメントを取り入れていきたいという場合は、健康の土台づくりとなるベースサプリメントと合わせて、自分のなりたいイメージに合わせたオプショナルサプリメントを摂るのが理想です。

(監修医師:銀座上符メディカルクリニック院長 上符正志先生)

サプリメントの選び方

サプリメントにはどんな種類がありますか?

―― 大きく分けて、ベースサプリメントとオプショナルサプリメントに分類することができます。

ベースサプリメントは、私たちの体の構成要素となり、健康の維持に必要な成分であるビタミンやミネラルの成分でつくられたサプリメントをさします。
オプショナルサプリメントは、もともと私たちの体の中にない成分や、普段の食生活で摂取できない成分で、より健康のクオリティを高めたいときに摂るとよいサプリメントです
サプリメントをより効率的に活用するためには、まず、健康の基礎を固めるためにベースサプリメントを摂り、体調をしっかりととのえておくことが大切です。そのうえで、個々の悩みや希望にそったオプショナルサプリメントを飲むのがおすすめです。

サプリメント選びで注意すべきことはありますか?

―― 人によって体に合わないサプリメントもあるようです。

サプリメントを飲み始めてから、今までなかった不調が現れていないかを日々チェックすることが大切です。体の不調は、目的の成分ではなく、賦形剤が影響している場合があり、同じ目的の成分が含まれるサプリメントでも、メーカーによって体の変化に差が出ることもあるので要注意です。

(監修:帝京平成大学薬学部教授、薬学博士 井手口直子先生)

サプリメントのかしこい飲み方

サプリメントはお茶やコーヒーで飲んでも大丈夫ですか。

―― 水、またはぬるま湯で飲んでいただくことを推奨しています。

薬の場合は、水やぬるま湯で飲むことでもっとも効果が引き出されるように作られていますが、食品のサプリメントは必ずしもそのように作られているわけではありません。ご自身の判断でお茶やコーヒーなどで飲んでも差し支えないでしょう。
また、顆粒状のビタミンCなどは、かなり酸味が強いので、スポーツドリンクや炭酸水などに溶かすと飲みやすくなります。

サプリメントを飲むタイミングはいつがよいですか?

―― いつでも、好きな時でよいでしょう。

吸収の良さで判断するなら、脂溶性の成分は食後、水溶性の成分は食前がよいと考えられています。たとえば、コエンザイムQ10は食後に摂ると吸収されやすく、ビタミンCは就寝前がよいともいわれています。飲み忘れないよう、毎日の朝食後と決めるのもよいでしょう。おすすめの飲み方がパッケージに記載されている場合もあるので、参考にしてください。
また、商品のパッケージに記載されている1日の摂取量の目安をしっかり確認して摂取してください。サプリメントの中には、摂りすぎによって不調を引き起こす成分を含むものもありますので、過剰摂取に気をつけてください。

試してみたいサプリメントがたくさんあります。一度にたくさん飲んでも大丈夫ですか?

―― 胃が荒れない程度なら、問題ないでしょう。サプリメントとサプリメントの飲み合わせについても、特別に注意することはありません。

ただし、多くのサプリメントを飲むということは、各サプリメントに含まれている、目的の成分以外の添加物である賦形剤までたくさん摂ることになります。これが不調の原因になる可能性もありますので、注意が必要です。
ただし、薬との飲み合わせには問題があるものもあります。持病の薬を常用している方は、薬剤師に相談してから摂るようにしてください。

飲み始めてからどれくらいで体の変化を感じますか?

―― 個人差もありますし、成分によっても異なります。

3日で変化を感じるものも、1カ月ほどで徐々に変化が出てくるものもあります。薬のように、すぐに効果が現れるものではないので、変化が現れないからといってすぐに諦めず、少し様子を見ながら続けてみてください。ただし、飲みはじめてから新たな不調が現れるようなら、すぐに飲むのをやめてください。

(監修:帝京平成大学薬学部教授、薬学博士 井手口直子先生)